お笑いトリオ「ロバート」の
秋山竜次さんの架空のクリエイターに扮する
「クリエイターズファイル」が話題です!

クリエイターズファイルの人物の
一覧を動画と共にまとめてみました

抱腹絶倒です(≧▽≦)

Sponsored Links

秋山竜次のプロフィールと経歴!

ーーーーーーーーー
名前:秋山 竜次
読み方:あきやま りゅうじ
生年月日:1978年8月15日(39歳)
出身:福岡県北九州市門司区
グループ名:ロバート
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
ーーーーーーーーー

 

秋山竜次さんはお笑いコンビ
「ロバート」ボケ担当

 

 

 

 

 

 

後にロバートを組む馬場裕之さんとは
幼稚園から高校まで同級生で、
仲が良かったそう

 

 

 

 

高校卒業後に上京

 

 

 

 

当初の目標は芸人ではなく
代官山で雑貨店を経営する事でしたが、
雑貨店の採用面接を次々と落とされ挫折

 

 

 

 

アルバイトをしている時に偶然に
吉本総合芸能学院(NSC)東京校の広告を見て、
馬場さんを北九州から呼び寄せて
一緒に入学したんだそうです
すごいですねー(笑)

 

 

 

 

更に同期の板倉俊之さん(現・インパルス)と
「ゼナイル」というトリオを一時期組んでいましたが、
板倉さんが元々ボケ志向であったため解散

 

 

 

 

その後たまたま一人でやっており、
さらにツッコミだった山本博さんを入れて
お笑いトリオ「ロバート」結成!

 

 

 

 

 

 

 

2001年~2012年
「はねるのトびら」
レギュラー

 

 

 

 

2008年4月
1歳年下の一般人女性と結婚していたことが、
2009年4月1日に明らかとなりました

このことは「はねトび」レギュラーはおろか、
相方である山本さん、更には幼馴染である
馬場さんにも秘密にしていて、
「相方なのに何で重大なことを教えてくれなかったんだ」
という発言が飛び出していました(笑)

 

 

 

 

2013年11月30日
第1子となる女児が誕生

Sponsored Links

クリエイターズファイルの一覧!

秋山さんといえば架空のクリエイターに扮する
「クリエイターズ・ファイル」が大人気!

 

 

 

 

2015年4月よりhonto+で連載中の人気コンテンツ
「ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル」や、

 

 

 

 

今年の年末に放送予定だという
テレビ東京系ドラマ「黒い十人の秋山」
1人10役に挑戦するそうです( *´艸`)

 

 

 

 

そんな秋山さんのクリエイターズファイルの
一覧をまとめてみました(^^)/

 

 

 

 

1.ジェネラルCGクリエイター
磯貝KENTA

 

 

KEN3Dカプセル代表取締役社長
日本CG界の第一人者

 

「仕事ってジェネラル、クリエイティブ、
エグゼクティブ、この3つなんですね」

「もっともっと飛び出してみろよ」

「飛び出させる職業なのに
なぜ自分が飛び出していないんだ」

 

 

 

 

 

 

2.テクニカル・サウンド・アレンジャー
重松光

 

 

サウンドBottle代表
元「東京ROCK DUCK」ギタリスト
日本のミュージックシーンを陰で支える
“音のお駆け込み寺”

 

「(アレンジとは)音のホワイトニングかもしれない」

「オレがやっているのは、音楽の自然治癒なんだよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

3.「銀風の塔」グループCEO
大垣節子

 

 

日本の旅館の伝統を今に伝える
「銀風の塔」グループを率いる
現代最高の「女将」

 

「湯も編集して、本当にいい成分だけを
お客様に提供するのが筋」

「おもてなしの極意はキャッチ&リリース」

 

 

 

 

 

 

 

 

4.アース・フォトグラファー
キブネ・シン

 

 

月刊「写の惑星」フォトアドバイザー

 

「植物も油断させておいて、素の姿を狙う」

「二番手の写真の方が、これから上り詰めるぞ
という顔をしている」

 

 

 

 

 

 

 

 

5.メディカル・チームドクター
横田涼一

 

 

元フィンランドリーグ専属ドクター(1995〜2009年)
横田式メディカル院院長

 

「脚を怪我したらまず頭をケアしろ」

「横田式グラミティカルテープ」

 

 

 

 

 

 

 

 

6.トータル・ファッション・アドバイザー
YOKO FUCHIGAMI

 

 

YOKO FUCHIGAMIデザイナー
日本服飾協会理事長

 

「いちばんのおしゃれって裸だと思うの」

「とにかくおしゃれは贅沢に」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.おもちゃクリエイター
安来我楽

 

 

様々なおもちゃを開発してきたおもちゃの達人

TVゲームでは『ブルーの伝説』『セカンドオピニオン殺人事件』
『パコリス』などが代表作

 

「一瞬でも心を奪えばおもちゃなんです」

「デパートだったら全体がおもちゃ売り場って考えないと」

 

 

 

 

 

 

 

8.ダンスパフォーマー 兼 振付師
SHU-ZO

 

 

ダンスユニット<COW-PER>director&crew

 

「ソフトクリーム」

「本当の振付師って、歴史なのかもしれませんね」

「浅く広く。深くは無理」

 

 

 

 

 

 

 

 

9.スローフード・アドバイザー
セレス・C・グロース

 

 

「スローフード」の考えを確立した
自然食法のパイオニア

オーストリアの「グロースガーデン」に暮らす

 

「ガーデン(地球)の食べものの
すばらしさを伝えるのが私の使命」

「森が最高の主治医」

「素揚げがいちばんのスローフード」

 

 

 

 

 

 

 

 

10.ワードパティシエ
竜斎雲

 

 

書道パフォーマー、書道ライフアドバイザー、
書道ライフナビゲーター、斎雲流 神田斎雲会館館長

 

「書くことは呼吸と同じ」

「ひとつの字が人生を左右する」

 

 

 

 

 

 

 

11.俳優
桐乃祐

 

 

「役に馴染むとは、その役を空気や
水のように感じられること」

「どこまで演じて、どこまで演じていないのか、
自分でもわからなくなるくらい進化したい」

 

 

 

 

 

 

 

 

12.プロスカウトマン
荒井裕二郎

 

 

様々な世界の金の卵を見つけ出し、
数々のスターを生み出している名スカウトマン

 

「スカウトの基本は、目、歩き方、
鼓動をチェックすること」

「プロスカウトとは下品に言うと、
“ナンパ師”、上品に言うと“お声がけ”」

 

 

 

 

 

 

 

 

13.TVプロデューサー
唐沢佐吉

 

 

TVが一番元気だった時代を牽引してきた
TVプロデューサー・ディレクター・演出
制作会社ブルースリーメディア取締役社長

現在、担当している番組は、
『お昼もっ。シナモンロール』『TVなお気持ち』
『台本無用、さあ広げろ!』

 

「数字が出ているうちはたいしたことない。
計測不能な番組を作らないとな」

 

 

 

 

 

 

 

14.構成作家
成安タロウ

 

 

唐沢との名コンビでTVが一番
元気だった時代に活躍した構成作家

『トントコトン!! 大脱走!?』が作家デビュー作

 

「数字はさ、取ろうと思えば、取れるもんだと僕は思う。
お尻の穴を写しちゃえば、それで視聴率は
上がるって決まってんだもん」

 

 

 

 

 

 

 

 

15.インディアンジュエリー・デザイナー
小野幸次郎

 

 

アメリカン・インディアンに認められた男

「R526☆ARIZONA」代表

 

「争いがあるからこそ共存できている。
争いがないと、むしろ共存できない」

「民族や人種を超えて、地球人はみんなひとつ」

 

 

 

 

 

 

 

 

16.トータル・ウェディング・プロデューサー
揚江美子

 

 

POLAR BEAR WEDDING群馬県代表
しあわせプランナー

 

「できるものなら、じゃない。できるんです」

「ありきたりなものにしないのが、
MWP(マイ・ウェディング・ポリシー)」

 

 

 

 

 

 

 

 

17.トータル・脳ガズム・トレーナー
パール川辺

 

 

2015、2016年 無差別性活アンバサダー

インターネットで「パール川辺チャンネル」
を運営している

 

「オーガズムは誰の生活にも寄り添っているもの」

「実際に触れなくたって、脳みそでつながればいい」

 

 

 

 

 

 

 

 

18.インターナショナル洋酒バイヤー
花牟田幸彦

 

 

国際アルコール・ジャーナリスト
全世界のお酒全般の買い付け&プロデュースを行う
バー「RACOO-NI(ラクーニ)」も経営している

 

「うまい酒はみんなほんまにストーリーを持っている」

「酒って、その土地の土壌が思わず漏れ出した結晶」

 

 

 

 

 

 

 

 

19.株式会社コンプリートアースOPS
ジェネラルリーダー
川端司

 

 

(株)ニュー・サンクス統括
入社1年で東日本支部リーダーまで
上り詰めた伝説のカリスマ
急成長を遂げるニュービジネスの旗手

 

「このご時世、20代にスポットを当てないかぎり、
もうアースは回らない」

「20代のうちは成人じゃない、やんちゃしろ」

 

 

 

 

 

20.シンガーソングライター
国松ちえり

 

 

KUNIMATSUボイスアカデミー代表

「langue de chat(ラングドシャ)」と
組んで2年ぶりに歌手活動を再開

主なヒット曲に「伝説の月」「そういうことなのかしら」
「TPO〜時と場合のKISS〜」「ランダリア・ランダリア」
などがある

 

「歌を背負っていればこそ、
初めて自分がうまく呼吸できる気がします。
アタシは生涯、見えない酸素ボンベを
背負っているのかもしれない」

 

 

 

 

 

 

 

 

21.Guest House 「deco pon」オーナー
ラルフ・ボーデン&万紀子ボーデン

 

 

 

北欧から熊本県上天草市へ移住して
活躍する「奇跡の夫婦」

昔バックパッカーとして世界中を回り、
上天草市と運命的な出会いを果たした夫、
ラルフ・ボーデン

上天草市で生まれ育ち、東京に出るも地元に焦がれた妻、
万紀子ボーデン

二人はドルフィンツアーで運命的な出会い果たし、
後にGuest House 「deco pon」を運営する

 

「やっぱり、マキね。やっぱりマキは日本人の頭の中でも
本当に頭一つ抜きんでていると思うから」
(ラルフ・ボーデン)

 

「忘れもしません。子供っぽいというか、
優しい野獣っぽいというか。まっすぐな目をしている人が
船に乗ってきたもんだなあって」
(万紀子・ボーデン)

 

 

 

 

 

 

 

 

22.子役
上杉みち

 

 

児童劇団えんきんほう所属

代表作に「星のカラクリ」「おばあちゃんの人参ジュース」
「九官鳥リリーの倦怠期」「神様がくれた4カ条」などがある

 

「でもね、ボク、あんまり演技の練習、好きじゃないんだ。
だって、先生厳しいから」

「大きくなったら科学者になりたいんだ」

「途中でボクのほんとうのおもちゃも出てくるんだよ。
三竹監督が、持ったままでいいって。
「ライオンのキャラメル」、観てください」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23.漫画家
濱内シゲノリ

 

 

路上でスカウトされて漫画家になる

代表作は「男少年ゴーゴン」「不思議to Relax」
「緊急事態! ユリ先生」「岩崎指示物語(ルビ:ストーリー)」など

「聲の形」「不滅のあなたへ」の大今良時が
憧れている漫画家としても知られる

 

「『聲の形』は、無理に漫画っぽくしてないというか、
漫画に媚を売っていない作品だよね」

「『コミックセブンティファイブ』の法則=75ページ目を見れば、
だいたいその作品の勢いがわかる」

 

 

 

 

 

 

 

24.宇宙飛行士
草野伸也

 

 

WSC(ワールド・スペース・クラブ)
日本プロジェクトリーダー

火星への有人飛行に成功する。
他にも冥王星や土星などにも行っている。

ビルのエアダクトのバイトのシフトを
やりくりしながら宇宙飛行士を続けている。

 

「帰りは意外と早かった」

「いろいろなミッションをこなしながら
片手で口にできるサンドイッチや
いなりなんかは重宝しましたね」

「僕はビルのエアダクトの中の清掃をしながら、
このダクトが宇宙のいろいろな星につながっていたら
おもしろいなということをいつも考えていました」

 

 

 

 

 

 

 

 

25.ストリート・カルチャー・スーパーバイザー
鷲尾ケイゴ

 

 

日本のカルチャーを刷新した人物。

「原宿の兄」「鷲さん」と呼ばれ、原宿、
ストリート全般の若者から絶大なる支持を得ている。

 

「もともとストリートの原型をアメリカから
根こそぎ持ってきたのが僕と竹下ユーキ、
裏田修の3人なんですよ。」

「ファッションや遊びだけがストリートじゃないって
僕は思うのね。からあげクンや石焼き芋、
食べ物だってストリートなわけだし。」

 

 

 

 

 

 

 

 

26.ファッションモデル
リシエル

 

 

雑誌「PIN-PIN」専属モデル

「2016関東の大人の女性が今最も憧れる女性10人」
に選ばれた。

双子の男の子を持つママで、
妊娠当時のマタニティ・ヌードが話題に。

 

「マタニティ・ヌードは迷ったけど、撮っておいてよかったです。
全てをさらけ出したかったというか」

「モデルは生きざまが写真ににじみ出るものだと思っているの」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

27.声優
二木陽次

 

 

アニメ映画『キツツキ』で初主演を飾り、
飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中の
若手No. 1声優・二木陽次。

 

「喉や口元で声を出しちゃいけない、もっと自分の内側、
臓器から声を出すべきなんだという教え。それが「臓声」」

「キツツキのうように、どんな些細なことも
つついて逃さない街の探偵の話なんです。
少し長いんですが、7時間の作品なんです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

28.FPO法人「ガーベラ」代表
清瀬まさ子

 

 

FOP法人 10代の少女の為の気持ちホスピタル
「ガーベラ」代表

10代の心の寄り添う「下町の救世主」

今日も下町の繁華街でパトロール。

 

「自分を育ててくれた土のこと、忘れちゃダメよ」

「私たちはこの世で一つだけのガーベラ」

「今のあなたは「変」じゃない。「現」なの」

 

 

 

 

 

 

 

 

29.米ロックバンド
ジ・エマージェンシー

 

 

1980年代後半、世界の音楽シーンをリードした
米ロックバンド「THE EMERGENCY」

ファン待望の17年ぶりのジャパンツアーに密着!

クロース(ベース)、アリ(ギター)、
新生ボーカル・アリ、ウィル(ドラム)、
ニック(キーボード)の変わらぬ魅力、
いや、むしろ進化した姿にファンは興奮を抑えれず
会場は大歓声に包まれた!

 

1曲目から名曲『ティーチャー・イズ・ア・ヒッチハイカー』
を披露

 

「トーキョー・エアポート、、、」を延々ループ。
これぞループロックの真骨頂!
新曲『TOKYO AIRPORT』を発表

 

スマッシュヒットを記録した名曲
『それは単純に裏切り行為さ』

 

 

 

 

 

 

 

 

30.企業レスキュー・コンサルタント
沖田義盛

 

 

2008年に企業レスキュー・コンサルタント立ち上げ、
現在までに経営不振に陥った60近い会社を救う。
日本のビジネスシーンで「救世主」と称されている。

 

カンパニー・ポケット。
我々の業界ではカンポケと略していますが。

会社にもリンパが流れています。
僕らはカンパニー・リンパと言っているのですが。

社長室は会社の空気清浄機でないといけない
会社はシイタケであってほしい、そう思うとです。

 

 

 

 

 

 

 

 

31.染谷シンクロナイズドスイミング・
クラブ コーチ
染谷育枝

 

 

国際大会を目指す、日本スポーツ界の名コーチ。
染谷シンクロナイズドスイミング・コーチの染谷育枝。

 

巻け巻け! 水を巻くんだよ!

シンクロは巨大な人間がひとりで
水に浸かっているように見えてこないといけないの

チームには今、夢があって。
萩本欽一さんの仮装コンテストに出て優勝したいの

 

 

 

 

 

 

 

32.明治の偉人、日本初のクリエイター
田村蔵之松

 

 

没後140周年記念特集。海外からも注目を集める、
幕末から明治を生きた、日本のクリエイターの元祖・
田村蔵之松(たむら くらのしょう)

 

「クリエイト、それは何かっていうと、
ものを考えてつくるってこと。」

 

田村が初めておこなった行為。
「ミーティング」「アポ」「こっちのほうがクレバーじゃない?」
「データ」「単に」「現地入り」「素足に革靴」

 

「かわいい弟子たちよ、この言葉を残してくれ、いいか。
クリ、エイ・・・タ・・・・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

33.ラーメンウォッチャー・ヌードルブロガー
伊吹のり崇

 

 

日本のラーメン評論の草分けとなった人物。
通称:らーめん巡査の登場!

 

 

「ラーメン四大戦争が勃発します。
ラーメン健二、麺屋TO-JIN-棒、
船橋〈搭乗軒〉、ラーメン柳川屋」

「生まれてきたラーメンの顔・
面(ツラ)はよく眺めます」

「結局ね、受験の夜食に母が作ってくれた
即席ラーメンが一番なのよ」

 

 

 

 

 

 

 

34.スーパーキッズ・ダンサー
玉置琥恋子(COCOS)

 

 

話題の小学生ダンスユニットの登場!

なかでも一際目立つのが、
COCOSこと玉置琥恋子(たまきここす)
CMや雑誌で大活躍の彼女に話を聞きました!

 

琥恋子、絶対優勝したいねん。

一年くらい黙って琥恋子のこと見といてくださいよ。
そしたら、いろいろわかると思います。

これがあたしのヴィクトリーや!

 

 

 

 

 

 

 

35.ハイパーFM&ラジオパーソナリティ
宗像"issiy”裕司

 

 

ラジオの世界でリスナーから抜群の信頼を得て、
ダントツの”数字”を持つ大御所ハイパーFM
&ラジオパーソナリティ、宗像”issiy”裕司が登場!

 

オレにとっては人生すべてがラジオ!

俺はね欲が強いの。放送欲だけが突出している。

棺の中にサテライトスタジオを入れて、
自分で実況しながら荼毘にふされたいね。

 

 

 

 

 

 

 

これだけのキャラを巧みにつくりあげ、
操れる秋山さんは「天才だ」と
話題にもなっています( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

これからも応援しています♬

Sponsored Links

ここまでお読み頂いて
ありがとうございました!

こちらの記事も併せてどうぞ♪

小浦愛と武豊がキス不倫?フライデー画像!夫人同伴の恐怖の取材!

女優イ・ジュヨン(元AFTERSCHOOL)とG-DRAGONが熱愛?動画が流失!

堂珍嘉邦は現在2017年は嫁子供と離婚成立?全盛期がイケメンすぎる!

前田けゑ(芸人)が怪しい?15億円相続の経緯と貯金10万で税金5億!

春日俊彰(オードリー)の東大受験とエアロビがヤバイ!上原美優と交際の過去?

小原優花(ゆんころ) 顔変わりすぎ?すっぴんや昔の画像と腹筋筋肉がヤバイ!

爆笑問題太田の元SMAP72時間ホンネテレビ暴走動画!「木村、見てる?」

にゃんこスターのキングオブコントのネタ動画!面白くない可愛いと賛否

キャプテン★ザコの嫁春佳の節約術!芸風がブレイクしない理由?

インパルス堤下のアレルギーの病名は何?今後は逮捕で芸能界追放?

岩井ジョニ男の年齢は非公開?嫁がタモリに鼻フックの事件とは?

水谷千重子は友近?別人なの?チケットは安い?ゲストが豪華な理由は?